日本を感じる屋形船の魅力

屋形船の豆知識

屋形船は貸し切りで利用する娯楽船、人数も30名以上集まらないと利用する事が出来ない、20名前後の場合は30名分の料金を支払えば利用が出来ても、一人当たりの単価は高くなるので人数が集まらない場合には利用出来たとしても出費が多くなるなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
屋形船の多くが貸し切りを行っていますが、人数制限を設けていないプランも用意している船宿が多くあり、中には1名でも参加が出来るプランも用意してあります。

屋形船は一人でも参加できる?人数制限はあるの?

屋形船は一人でも参加できる?人数制限はあるの? 屋形船は座敷が設けられている宴会で利用する事が出来る娯楽船です。
東京の中のお台場や幕張エリア、東京ゲートブリッジ、隅田川など様座なコースを用意しており、船内には小さいながらも調理を行う事が出来る設備があり、東京湾の江戸前食材でもあるエビやシロギス、メゴチ、青柳などの魚介類、江戸前の野菜を使った天ぷらなど揚げたてものをテーブルに運んで貰えるなどの魅力を持ちます。
屋形船は団体などの貸し切り以外にも、定期船などを利用した場合には人数制限などもなく、一人でも墨田側の川からの花見を楽しめる、東京湾のクルージングを楽しむ事が出来るようになっています。
そのため、人数に関係なく屋形船を楽しむ事が出来る船宿は多くあります。

屋形船は最大何人まで乗れる?

屋形船は最大何人まで乗れる? 屋形船で忘年会などを開こうと思っている人は、最大で何人まで乗ることができるのか気になるという人もいるでしょう。
これは一言で言うと、船によって異なります。
屋形船の種類というのは結構たくさんあるもので、船によって乗船可能人数というのは異なるのです。ですから、よくチェックしておくと良いでしょう。
例えば、小規模なタイプですと、20名から40名ぐらいが乗船可能です。
あまり規模が大きくない忘年会の際にピッタリです。20名であっても貸切利用が可能ですから、思う存分楽しめることでしょう。
これよりも、もう少し規模が大きいタイプですと、30名から50名ぐらい、40名から50名ぐらいといったタイプがあります。
さらに、その上の規模になると50名から70名ぐらいの人数で乗船可能ですが、もっと規模が大きなタイプになると100名以上が乗船することもできますので、規模の大きな忘年会でも使うことができます。
ちなみに、小型の場合にはトイレが2箇所の場合がありますが、大型の屋形船ですとトイレが4箇所に増えるため、安心感があります。
その一方で、冷暖房や展望デッキは、すべての屋形船に付いていることがあります。
こういった設備面のチェックをしておくと良い忘年会を開けることでしょう。

屋形船に関する情報リンク

予算・目的に合わせたさまざまなプランを用意する屋形船の予約サイト

屋形船